マジ危険!出会いアプリに潜む「美人局(つつもたせ)」に要注意

最終更新日:

マジ危険!出会いアプリに潜む「美人局(つつもたせ)」に要注意

つい先日、【出会いアプリを利用して中2女子が大学生から「美人局(つつもたせ)」で30万円を恐喝した】という衝撃的なニュースを目にしました。

サクラや業者など出会いアプリでよくある話ですが本当に危険な「美人局(つつもたせ)」についての恐ろしさや対策方法をここでは紹介していきたいと思います。

そもそも「美人局(つつもたせ)とは」何か?

「美人局(つつもたせ)」という言葉自体たぶんみなさんあまり縁がない言葉だと思います。(私も言葉は聞いたことはあるけどこんな漢字を書くとは知りませんでしたwww)
なのでまず「美人局(つつもたせ)」という言葉の意味について説明をしていきたいと思います。

「美人局(つつもたせ)」とは

美人局(つつもたせ)とは夫婦が共謀し行う恐喝または詐欺行為である。妻が「かも」になる男性を誘って姦通し、行為の最中または終わった瞬間に夫が現れて、妻を犯したことに因縁をつけ、法外な金銭を脅し取ることである。また、妻でなく、他の女で同等行為に至った場合でも類推される。

Wikipediaで美人局(つつもたせ)を調べると上記のように書かれていました。
簡単に言えば「女性が男性を誘い出しその後に彼氏や旦那という男が出てきて金を払えと脅してくる」という詐欺行為が美人局(つつもたせ)というのです。

美人局(つつもたせ)は、昔から出会い系サイトやツーショットダイヤルなどでの被害が多かったのですが最近ではLINEなどのチャットIDを交換できる出会いアプリでの被害が多く見られているようです。

美人局(つつもたせ)の恐ろしさ

女性役のほとんどが未成年

美人局(つつもたせ)の女性役は、ほとんどが18歳未満の未成年となっています。
その理由としては、被害男性も淫行条例違反や児童福祉法違反や児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われる可能性があるため警察へ被害届が出せず泣き寝入りを狙うためだそうです。

証拠写真を撮られ脅される

美人局(つつもたせ)では、未成年を使うケース以外にもラブホテルなどに呼び出され女性と一緒に入っていく所を写真に撮られ脅迫されるケースもあるそうです。
その場合、「会社や家族などに暴露されたくなければ金を払え」と脅迫がされるそうです。

殺人事件になったケースも・・・。

美人局(つつもたせ)は暴力団の資金になっている場合があるそうで殺人事件にまで発展してしまったケースがあるようです。
女性に会おうと思ったのに殺されるなんて考えるととても恐ろしいと思います。

美人局(つつもたせ)への対策法

未成年とは絶対に出会わない

上記で説明したように、美人局(つつもたせ)の加害者のほとんどが18歳未満の未成年となっています。
まず出会いアプリを使って未成年と知り合おうとすること自体がどうかと思いますが法的にも事件性的にもとてもリスクがあるので未成年と出会おうとするのは控えるべきだと思います。

出会った女性と人気のないところには行かない

もし出会った女性が美人局(つつもたせ)だった場合、あまり人気のある所では犯行に及ばないと思います。
なので、待ち合わせとするのも移動をするのもなるべく人通りの多い場所を選ぶべきだと思います。
さらに、近辺に警察署や交番などがあるとベストだと思います。

出会いアプリを使わない。

「出会いアプリを使わない」これが最強の選択だと思いますが出会いがない私達にはなかなか難しいと思います。
なので、出会いアプリを利用する場合には欲望のままに行動したり危険だと思ったらやめるなど自分をコントロールすることが大切だと思います。

いかがでしたか?

今回の中2女子が美人局(つつもたせ)をした事件で出会いアプリに対しての批判などがニュースなどで結構取り上げられていましたが健全に利用すれば出会いアプリというのはとても素晴らしい出会いに繋がると思います。
美人局(つつもたせ)という詐欺行為はなかなかなくならないと思いますがみなさんなりに注意をして健全な出会いを見つけましょう。

ページトップ